赤十字の血液事業を支援できる

医療の仕事に携わっていて関わる事がよくあるのが、血液の存在です。怪我や病気、さらに手術などで失血した場合には、外部から輸血を行う必要があります。しかし、血液が必要になる場面で、すぐに他人から直接調達するというのは非現実的です。そのため、一般的には血液の貯蔵があり、必要な分の血液を確保できるシステムが構築されています。赤十字の活動は、血液を供給するシステムの運営も担っています。しかし、近年よくあるのが、血液の不足という課題です。血液の供給は健康な人間の体から行われるため、献血に協力する人が少なくなれば慢性的に血液不足が生じます。そこで、血液の重要性について知っている看護師などの医療関係者は、積極的に血液の提供を行ってもいいでしょう。また、周囲の人たちにも、いかに献血が重要であるかを説いてまわることが、血液不足を解消する手掛かりになります。女性であれば、出産などの際にも輸血が必要となるケースもあり、他人事ではありません。赤十字が担う血液の供給事業を、他の医療従事者やさらに一般市民でも支えていくような動きが必要です。当たり前のように受けられている輸血も、血液の供給量が少なくなれば、今後は難しくなるかもしれません。また、献血事業では、様々な工夫を用いて血液の提供を促す取り組みが行われています。こうした血液に関する赤十字の活動について、改めて知ってみると献血の大切さについて興味深い事が分かってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です